ぷらす@

ほんの僅かでもあなたの人生をより良く彩るための付加価値を提供できたなら幸いです。『あーね!』改め『ぷらす@』プロフィールは今は遡って頂くようお願いします。今後メニューバーに設置予定。

短所を長所に言い換える方法。好印象になる長所の伝え方とメリット!

はじめに

『あなたの長所は何ですか?』


このシンプルな質問に答えられる人はどのくらいいるのでしょうか。


『ぇ、長所…ですか…うーんと…凡人なので長所はないです(・。・)』とすぐに答えられない方やそもそも長所なんてないと結論付けてしまう人すらいます。すぐに答えられる方なんてそれはそれはとても少ないのです。かく言う筆者もその1人でした。

 

大学のサークルや飲み会、合コン、会社。人と人とが知り合う際に必要とされる最初の行事『自己紹介』を上手く説明できることでその時もその後もスムーズに対人関係を築くことができます。


そんな自己紹介で一際重要なのがこの長所です。

なぜなら他人はメリットのある人、つまり自分自身の成長に繋がる人と一緒にいたいものです。

 

そんなこと言われても長所なんてすぐ浮かばないもの。事前にいくつかストックしておきシチュエーションによってすぐ言えるようにしたいですよね。

どうすれば自分の長所がわかるの?

ここでは人に受け入れられやすい長所の見つけ方について解説してきましょう。

 

もくじ

 

長所とは

性質や性能などで、すぐれているところ。(デジタル大辞泉より)


対人に関しての長所も『他人より秀でているもの』と皆さんお考えではないでしょうか?

受け入れられやすい長所とは『自分の中の好きなとこ』と言えます。

NG集を交えながら説明します。

NG集


NGその1

特技と長所の区別ができていない

『長所はスポーツが得意なことです。身体能力は誰にも負けません!100メートル走11秒台で走れます!』


NGその2

努力と頭の良さは認めたいが敢えて言わない方が格好良い

『長所ってほどでもないけど慶応、早稲田を滑り止めで東大合格したことかなっ』


NGその3

外見の長所は反感をかってしまう

『見た目には自信があって雑誌モデルでそこそこ売れてることが長所かな?』


上記から言えることはぶっちゃけ「ぇ。だから?」ということです。

受け入れられる以前に反感をかってしまうような内容になっているものもありますよね?でもこれってなぜなんでしょう?

 

実は人より秀でた長所は他人が認めることで成立するのであって自分から言うとマイナスイメージでしかないのです。

 

良い例

ではどのような長所が人に受け入れられやすい長所なのでしょうか?
他人と比較していない自分自身の中で好きなところを長所として考えてみましょう。


『学生時代に50メートル走っていう程よい短距離走あったじゃないですか。懐かしいですよね。こないだ久しぶりの実家で当時の記録が書かれた体力測定の冊子を見つけたんです。

 

当時から大した記録ではなかったですが、あの時の自己ベストを今の年齢で更新できたらそれってすごいかもしれない。そしてそうした小さな成功体験を大事にしてこれからの自信に繋げていきたいなとも思ったんです。

 

というわけで毎朝の通勤経路であまり人の通らない直線があるのですがタイミングをみて全力疾走してます。そんなしょうもないことをしている自分がたまに可笑しくもあり好きでもありますw』

 

 

いかがでしょうか。
足が人よりも早いわけでもなく見た目に自信があるわけでも頭の良さを出しているわけでもありませんが紛れもなく人から受け入れられやすく感じないでしょうか。

 

ここで注目したいのは、

  1. 直接的な長所は言わない。
  2. 他人と比較しない。
  3. 自分を受け入れた背伸びをしない言い回し。

 

本当に伝えたかったり感じてほしいことをあまり表に出さない事です。あくまで誘導ベースです。各々自由に感じてもらいましょう。ほとんどの人は「謙虚」「努力家」「前向き」「面白い」「自分とちゃんと向き合える人なんだな」という好印象を持ちこの人と関わたいと感じます。


大事なのは好く感じとってもらうためのヒントを嫌味なく伝えることです。「いやバカだろw」と最初は思わせるくらいのものが理想です。ちょっと鼻で笑ってしまうくらいが程よく印象を持たせることができます。

 

『短所を探す』


ただ中には向上心もそれほどあるわけじゃないし三日坊主だし自分の好きなとこねぇんだけど…(orz)という方にも朗報があります。短所です。短所を探してください。



山のように出てきても落ち込むことはありません。短所は言い換えれば長所なのですから。


『新しいものばかりに目移りしちゃうんだよなー』

『常に最新のトレンドに目を向けて自分の中に新しい風を吹かすことが長所です』


『色んな作業同時に(マルチタスク)できないんだよなー』

『1つのことに集中し1つずつ確実に課題(タスク)を完了できるところが長所です』


『好き嫌い多すぎてダメだよなー』

『好きか嫌いか明確に判断できるので意思決定力のあることが長所です』


いかがでしょう。短所があら不思議、申し分ない長所になりました。ビフォーアフターのあの曲が流れてきそうな。あ、今流れてますね。

 

まとめ


長所を見つけるコツがわかることで得られるメリットは他人の長所もそれなりにわかるようになるのでコミュニケーション取りやすくなります。そしてなんといっても・・・

胸を張って生きられます。


※短所見つかったけど上手く変換できないって方はコメントいただければレスポンスしますね!