ぷらす@

ほんの僅かでもあなたの人生をより良く彩るための付加価値を提供できたなら幸いです。『あーね!』改め『ぷらす@』プロフィールは今は遡って頂くようお願いします。今後メニューバーに設置予定。

好きに生きるための法則


こんにちは!

自分のことは自分で決める!』子どもの頃、些細なことでしたが精一杯の勇気を出して放った言葉に背筋伸ばして向き合って生きていきたい執筆者ふみです!(ぉー、このセリフくっせーな)


皆さんも子どもの頃こんな時期はなかったでしょうか?いわゆる反抗期ですね!反抗する気持ちはさておき『自分自身で物事を決断する』ってもんは反抗期でない今も大事にしたいですよね。なぜなら自分の心や体の操縦は他人ではなく自分であるはずです。そうであるはずなのに大人になってしばらくするといつの間にかに『他人に大切な物事の決定権を委ねている』ことがたまにないでしょうか?そしてそれがものすご~くストレスに感じていることはないでしょうか。

今回ご紹介するのはそんな方へ『目標達成率を上げ、好きに生きるための意思決定の指標になる法則』をお届けします!

 

MACの法則

AppleMacじゃないよ。MACだよ。

マクドナルドじゃないよ。MACだよ。

ドアを、こんこんこんっ。…ぁ、ぃゃ、ノックじゃないよ。MACだよ。

 


Measurable(メジャラブル→測定可能性)


目標や目標達成までの期間を数値化する

(例:痩せる→5キロ痩せる)

(例:痩せる→3ヶ月で痩せる)

 


Actionable(アクショナブル→行動可能性)


目標達成までの筋道を立てること

(例:痩せるために何を・どこで・どのように・いつやるのか)

 

 

Competent(コンピテント→適格性)


目標が今の自分とかけ離れすぎてないか

(例:今の体重70キロやけど1ヶ月で20キロ痩せよう→いや、無理だろ。)

モチベーションを保てるかどうか

(例:痩せたらアイツに告白しよう。)

 

上記の頭文字を取ってMACの法則と言います。


この法則を無視すると目標達成率は90%落ちになります。(ぇ、マジでか。)

逆に言うとこの3つだけしっかり設定してやることで達成率はグン⤴︎と上がるということです!


そして、判断や決断に迷った場合にもこのMACの法則に是非当てはめてみてください。1つでも欠けているのならそれは達成する確率が低く仮に達成してもその過程でのストレスは相当なものとなります。


『好きなことだけやって生きるなんてそんなあまっちょろいこと言ってんじゃない』という時代はもぅとっくに終わっております。好きなことをするのは甘っちょろいものではありません。決して楽ができるわけではないですがこの法則を使用することで余計な悩みにとらわれず着実に目標を達成し理想の自分に近づけるのであれば使わない手はありませんよね!

 

皆さん、幸せになれますように。

 

 

 

極論!寝相が悪いのは実は良いこと


こんにちは!のび太に次いで寝付きの良さに定評のある執筆者ふみです!

 


皆さん寝相はいいですか?寝る時の姿勢や起きた時の格好が寝付いた時と違うのは今の心理状態や体調をはかる上で重要なヒントになっているそうです!

子どもの頃180度回転して夜中起きて『ここ…どこ?…ぇ?』って半泣きなるほどの寝相の悪さはきっとわたしだけではないはず。その謎がわかるかも知れません。

早速、寝相について紐解いていきましょう!

 


寝相って何なん

寝相は体がその時のもっとも楽な負担のかからない状態つまりリラックスできる姿勢です。(ふむふむ。そらそやなー)

 

寝相の悪さってやっぱどこか悪かったり睡眠の妨げになるってるんじゃないかな?だから寝相が良くなるように掛け布団を両サイドにセットして身動き取りづらくしておこう。

これ過去の自分なのですが全く意味のないことしてました。


極論!寝相が悪いのは実は良いこと

 


『ぇ、ちょっと何言ってるかわかんない。』

とサンドイッチ食べながら思うのも無理はありません。

実は深い睡眠をより長い時間過ごしている間(質の良い睡眠時)に寝相が悪くなるのだそう!

大人より子どもの方がこの深い睡眠が長いため寝相が悪く布団と壁の間などのよくわからんとこで寝てたりするわけです。(あーね!って思いました?)

 

ただ寝相の中でもよろしく無い寝相もあります。


寝相の体勢で、子どもも大人も(もものうちって言いたくなる)いったんこれだけは気をつけておきたい姿勢…

うずくまりの姿勢です。一見、気持ち良さそ~に寝ている体勢のように見えますが…背骨や首に負担大です。起きた時にめちゃ体痛くなるやつですこれ。

そして重要なのが子どもに関してはそれのみでなく過度のストレスを抱えている場合が考えられます。このうずくまりの姿勢は防御の姿勢、つまり寝ている時ですら何かから自分を守るために無意識にとっている姿勢である可能性があるのです。ママさんパパさん、足を伸ばしている時は心配ないそうですがこの姿勢をとっている時は優しく掛け布団かけて添い寝してあげてください。(リラックスさせてあげてほしいのと、ただ単に寒いだけやったりするかもなので。)

 


いかがでしたか?個人的にはぶっちゃけ寝相で性格なんてわかんねーだろって思ってるタチなのですが目覚ましテレビのじゃんけん後の占いは必ず見てその日のテンションが決まるのでやっぱそれについても気になる木。←

 

 

 


皆さん、良い睡眠を…z

 

VR世界って楽しそう!VRの現状と今後の可能性は?


こんにちは!『リンク・スタート!』ってめっちゃ言いたい。来世は鳥になると決めている良くも悪くも大人になりきれてない執筆者ふみです!

 


VRってなに?

バーチャル・リアリティのことで物理的な存在はしないがそれ同等の本質を持ちユーザーの五感を刺激する技術。いわゆる仮想現実です。

 


仮想現実とか!めちゃめちゃ好奇心をくすぐられるワードですよね!仮想現実そして仮想通過。今やバーチャルと現実の垣根は無くなりつつあると言えます。VRの世界がよりリアルに充実をもたらすものになれば今の世界よりVRの世界で生きることを選択する人すら出てきてもおかしくありませんよね。

 


初めてVRがめちゃくちゃ楽しそうだ!って思った瞬間、きっかけ。

紛れもなく『SAO - ソードアートオンライン』ですね。

スキル、剣、魔法、HP、ボス、回復魔法、転移結晶、空を自由に飛ぶ…それらをVRを通して自分自身の五感で感じることができるわけです…うはっ。考えただけでも楽しい。←

 


もしあんな世界を楽しめることが本当に実現すればおそらく数日間のめり込んで(なんならめり込んで)茅場晶彦に『ゲームであって遊びではない。自発的ログアウトは不可能なんたらかんたら』と言われる前にろくに食事もせず餓死していることでしょう。

 


VRというと最近のイメージが強いと思いますが実は戦前からもぅ開発が進められていたことを皆さんはご存知でしょうか。

最近になってやっとこさアイデアにテクノロジーが追いついてきたぜとパーマー・ラッキーさんも仰せです。

 


・クロスモーダル現象を取り込めばVRは仮想(だけれどもガチな)現実になる

 


今の皆さんのVRの印象としては(わたしもそうですが)視覚と聴覚に主に働きかけるという印象ですよね。これがさらに触覚も加わろうとしているのが今後のVRの可能性です。

クロスモーダル現象とは平たく言うと『現実にないものを脳が錯覚して現実にあるものと認識すること』

『ぇ?なに、ぇ?』ってなることでしょうw

これは実は日常でもある現象なのです。階段を考え事しながら下りたりしている時にあと一段あると思ったら実際はなくて変な感じになっちゃうことないでしょうか?(自分だけやったらどうしよ)あれもクロスモーダル現象と言えます。脳が途中までないものをあると認識しているのです。風鈴が涼しく感じるとかもそれ!

VRの中でクロスモーダル現象を取り込むことができれば完全に『存在しないものを存在させることができる』ということになります。(えらいこっちゃ)そうなるともぅ現実と仮想現実との違いを脳が判別できないので仮想現実も現実になるということです。そぅ、のめり込んで餓死まっしぐらです。

 


まだまだこの体で活発に生きていきたいですがこの体が衰えた頃にVRの世界が確立されれば『よし、次はVRで第2の人生だ!』という未来もすぐそこまで来ているのかも知れませんね。(ばっちこーい!)

短所を長所に言い換える方法。好印象になる長所の伝え方とメリット!

はじめに

『あなたの長所は何ですか?』


このシンプルな質問に答えられる人はどのくらいいるのでしょうか。


『ぇ、長所…ですか…うーんと…凡人なので長所はないです(・。・)』とすぐに答えられない方やそもそも長所なんてないと結論付けてしまう人すらいます。すぐに答えられる方なんてそれはそれはとても少ないのです。かく言う筆者もその1人でした。

 

大学のサークルや飲み会、合コン、会社。人と人とが知り合う際に必要とされる最初の行事『自己紹介』を上手く説明できることでその時もその後もスムーズに対人関係を築くことができます。


そんな自己紹介で一際重要なのがこの長所です。

なぜなら他人はメリットのある人、つまり自分自身の成長に繋がる人と一緒にいたいものです。

 

そんなこと言われても長所なんてすぐ浮かばないもの。事前にいくつかストックしておきシチュエーションによってすぐ言えるようにしたいですよね。

どうすれば自分の長所がわかるの?

ここでは人に受け入れられやすい長所の見つけ方について解説してきましょう。

 

もくじ

 

長所とは

性質や性能などで、すぐれているところ。(デジタル大辞泉より)


対人に関しての長所も『他人より秀でているもの』と皆さんお考えではないでしょうか?

受け入れられやすい長所とは『自分の中の好きなとこ』と言えます。

NG集を交えながら説明します。

NG集


NGその1

特技と長所の区別ができていない

『長所はスポーツが得意なことです。身体能力は誰にも負けません!100メートル走11秒台で走れます!』


NGその2

努力と頭の良さは認めたいが敢えて言わない方が格好良い

『長所ってほどでもないけど慶応、早稲田を滑り止めで東大合格したことかなっ』


NGその3

外見の長所は反感をかってしまう

『見た目には自信があって雑誌モデルでそこそこ売れてることが長所かな?』


上記から言えることはぶっちゃけ「ぇ。だから?」ということです。

受け入れられる以前に反感をかってしまうような内容になっているものもありますよね?でもこれってなぜなんでしょう?

 

実は人より秀でた長所は他人が認めることで成立するのであって自分から言うとマイナスイメージでしかないのです。

 

良い例

ではどのような長所が人に受け入れられやすい長所なのでしょうか?
他人と比較していない自分自身の中で好きなところを長所として考えてみましょう。


『学生時代に50メートル走っていう程よい短距離走あったじゃないですか。懐かしいですよね。こないだ久しぶりの実家で当時の記録が書かれた体力測定の冊子を見つけたんです。

 

当時から大した記録ではなかったですが、あの時の自己ベストを今の年齢で更新できたらそれってすごいかもしれない。そしてそうした小さな成功体験を大事にしてこれからの自信に繋げていきたいなとも思ったんです。

 

というわけで毎朝の通勤経路であまり人の通らない直線があるのですがタイミングをみて全力疾走してます。そんなしょうもないことをしている自分がたまに可笑しくもあり好きでもありますw』

 

 

いかがでしょうか。
足が人よりも早いわけでもなく見た目に自信があるわけでも頭の良さを出しているわけでもありませんが紛れもなく人から受け入れられやすく感じないでしょうか。

 

ここで注目したいのは、

  1. 直接的な長所は言わない。
  2. 他人と比較しない。
  3. 自分を受け入れた背伸びをしない言い回し。

 

本当に伝えたかったり感じてほしいことをあまり表に出さない事です。あくまで誘導ベースです。各々自由に感じてもらいましょう。ほとんどの人は「謙虚」「努力家」「前向き」「面白い」「自分とちゃんと向き合える人なんだな」という好印象を持ちこの人と関わたいと感じます。


大事なのは好く感じとってもらうためのヒントを嫌味なく伝えることです。「いやバカだろw」と最初は思わせるくらいのものが理想です。ちょっと鼻で笑ってしまうくらいが程よく印象を持たせることができます。

 

『短所を探す』


ただ中には向上心もそれほどあるわけじゃないし三日坊主だし自分の好きなとこねぇんだけど…(orz)という方にも朗報があります。短所です。短所を探してください。



山のように出てきても落ち込むことはありません。短所は言い換えれば長所なのですから。


『新しいものばかりに目移りしちゃうんだよなー』

『常に最新のトレンドに目を向けて自分の中に新しい風を吹かすことが長所です』


『色んな作業同時に(マルチタスク)できないんだよなー』

『1つのことに集中し1つずつ確実に課題(タスク)を完了できるところが長所です』


『好き嫌い多すぎてダメだよなー』

『好きか嫌いか明確に判断できるので意思決定力のあることが長所です』


いかがでしょう。短所があら不思議、申し分ない長所になりました。ビフォーアフターのあの曲が流れてきそうな。あ、今流れてますね。

 

まとめ


長所を見つけるコツがわかることで得られるメリットは他人の長所もそれなりにわかるようになるのでコミュニケーション取りやすくなります。そしてなんといっても・・・

胸を張って生きられます。


※短所見つかったけど上手く変換できないって方はコメントいただければレスポンスしますね!

花粉と仲直り。知っておきたいこと5選

はじめに 

今年も花粉が我が物顔で飛び回る時期がやってきましたね。花粉が鼻を責め立てる。人類と花粉との終わりなき戦いはいつまで続くのか…平和条約を早く結びたいところですね。

花粉にやられた人たちは応急処置としてティッシュで鼻をかむ。おすすめはスコッティ、鼻セレブ、贅沢保湿。保湿ティッシュを開発したすべての人達へ本当に感謝です。

 
ただ、保湿ティッシュは応急処置でしかない。根本的な解決にはなりません。

 
では平和条約を締結するにはどーすればいいのか。憎んでも争いは解決しません。受け入れるのです。相手を知り、理解し、受け入れる。そうすることで共存する手立てはきっと見つかるはず。


己を知り、相手を知ることが何事においても解決する上で重要と言えます。(おおげさか。)

 

 もくじ

 

  【1】そもそも花粉って?花粉の存在意義。


花粉とは簡単に言うと植物の花の雄しべ(男の子)から出る粉状の細胞で花粉がめしべ(女の子)の先端につくことにより受粉(新たな命の誕生)が行われる。
『そんなん知っとるわい』って方がほとんだと思いますが改めて説明があると『あー、命を繋ぐために舞ってんのか』と再認識できるかと思います。

 

【2】花粉の付きやすい衣類


マスクをしていても着ている服に花粉が付着し家の中で自ら花粉をばら撒いてしまう残念なパターンがあります。

知らない間に外から自宅へ花粉をテイクアウトは避けたいですよね。家に帰ってマスクを外したら急に鼻がムズムズしだす原因はどーやらこれが原因かも知れません。

花粉の付きやすい服=静電気が発生しやすい衣類と言えます。

静電気の説明など細かく書くと分かりづらいかと思うのでとにかく静電気の起きやすい凹凸のある服を避けて着ることをおすすめします。純粋に手触りがサラサラしたものがいいでしょう。もしくは日中着ていた上着やズボンは玄関で脱いでしまい洗濯機へ入れついでにそのままお風呂へ入るのもオススメです。


【3】花粉の舞う場所

 
緑の多い田舎より都会にいると幾分か花粉が少ないのでは?とお考えの方もいるかと思います。

結論からお伝えしますと都会なら花粉が少ないという事実はないようです。

北海道か沖縄だとほとんど花粉がないです。ただ残念ながらスギ花粉が少ないだけで花粉がないわけではないので結局のところ『花粉がないところなんて日本にはない』という結論に至ります。


【4】鼻をかむことの効果と花粉寄せ付けない対策

 
鼻を正しくかむことは重要なことです。鼻が垂れていたらダサいから拭き取っているだけではないのです。

鼻水は花粉や細菌、ウイルスを外へ排出するためにデフォルトで人に付いている画期的なシステムなので以下のことだけは避けた方がいいでしょう。

『すすってすすって…ごっくん。。』

外へ出そうとしているものなので摂取は控えた方がよさそうです。

『ごぁあっ…ぺっ』

ぺっ、の先が公共の場所であれば良い印象はありません。

鼻をかむ以外の対処法としてはマスクはもちろんのことですが鼻うがいや花粉を寄せ付けない花粉ブロックスプレーをお出かけ前に衣類へ振りかけることが効果的です。 


【5】花粉症の原因は花粉だけではない

 
一年通してずっと鼻がぐずっている方は花粉のみの可能性は低いかも知れません。

ダニやハウスダストの可能性が高いでしょう。さっそく家のお掃除をしてお姑(しゅうとめ)さんに弄られないくらい綺麗にしたら改善があると言えます。

(ホコリっぽいわね。ふっ。のシーン)

または猫アレルギーであったり他のアレルギーの可能性も捨てきれません。実際に私は猫アレルギーだと知らずに猫と戯れていた時期がありましたが目や鼻に花粉症のそれと同じ症状が表れました。

 

 おわりに

以上が花粉と鼻の知っておきたい5選でしたがいかがでしょうか。認識することで鼻に優しいライフスタイルをどうぞお過ごしください。

プロフィールとぷらす@のきっかけ

 

当ブログ『ぷらす@』執筆者ふみです。

 


こちらを読んでいただれば執筆者ふみの生い立ちとどういった精神性の持ち主かわかるかと思います。

 


経歴は元役者と元パフォーマー大道芸人)の良くも悪くも学生感が抜けきらない田舎生まれ都会在住30歳のとある会社員。

 


未だに『人を幸せにできることや好きな人、好きなことになるだけ時間を費やして人生過ごすには』をテーマに日々悩みながら生きています。(未だにってつけてはみたもののおそらく皆さんも当てはまるものかと思うので特に気にする必要ないと考えますが普通に出てきたワードなので受け止めて敢えてそのまま記します。)

 


0歳:島根県にて誕生

 


5歳:朝ドラを見ており子どもながらに演技で他人の喜怒哀楽に影響を与えることができる役者に憧れていつか見ている側ではなく見せる側になりたいと強く思う

 


12歳:当時小柄なため運動会の組体操で55人ピラミッドの1番上に立つ候補にあがる。それまで何かで1番を取ったことがなかったこともあり頂上に立つことを初めて自分の意思で立候補し無事に物理的な1番を体験。みんなの支えがあってこの景色が見れるんだってことを知ると同時に自分がしたいと思ったことは周りではなくチャンスと自分からアクションを起こすことで成果が伴うことを知るきっかけとなる。

 


16歳:好きだった人が通う塾に行きその人が頭が良かったため少しでも近づこうと勉強するようになる。残念ながら違う進路に進むことになり恋は実らずでしたがその勉強の甲斐あってテスト点数は平均30点ほど上がり通っていた高校で一度だけ学年1位を獲得。私立の高校のためそれ以降は特待生として扱われ学費を払う必要がなくなり初めて結果として親孝行っぽいことをできたかなと実感する。

 


19歳:あまり裕福ではなかったが自分の長所を見出したいことを目標に大学へと進学するが2年目で初めて就活ガイダンスを受講し『あれ、違うな』と直感的に思い学生をその瞬間からやめるという高校時代の親孝行がチャラになる親不幸をする。

皆が就活している最中、大学を辞め進路に悩んでいた時にふと5歳児の記憶がきっかけでバイトで貯めたお金で事務所へ入り役者を目指し出す。

 


25歳:ここまでいくつかの雑誌、テレビ、舞台を経験するもオーディションでは常に落とされてしまう状況。打破するために役者でありながらパフォーマー大道芸人)としても活動しオーディションの自己アピール時にパントマイムや手品、ジャグリングを披露し審査員から拍手をもらうほどになる。ただ、求められている役とは関係なくオーディションで勝ち残ることはなく玉砕する。

収穫はパフォーマーとして活動した際に5歳の時に求めていた人を楽しませることや感動させることは1人でもできることがわかる。

 


27歳:5歳のときに見た朝ドラの役者と同じ朝ドラの現場で仕事をすることで未練がなくなり役者人生を終える

 


28歳:今の会社に入社し家庭をもち今まで自分のことしか考えていなかったが大切な人のために生きることが人の人生なのではと思いがむしゃらに働く。

 


29歳:決して裕福という感覚はないが貧乏とは言えない給与でそれなりの生活ができるようになる。生活の基盤が安定することでプラスαで何かアクションを起こせないか考え出す。

 


30歳:ここまでで経験したことで人様に影響を与えることができること、1人でもできること、今の仕事を現時点では継続しながらできることを考えた結果ブログを開始する。←今ここです

 


つまるところ『人生やってみなきゃわからない』です。違う人が同じようなことで失敗していたって同じ結果になるとは限らない。

 


失敗は恐れるものではなく楽しむもの。

『出る杭は打たれる』『二度あることは三度ある』『七転八倒

そんなものは『三度目の正直』『七転び八起き』出る杭は…羽を生やして自由に飛びまわる精神でこれからも生きていく予定です。